地味な印鑑が使いやすい?

三文判イメージ

珍しい名字の友達に、印鑑は三文判でもオーダーする必要があるから面倒だと聞いたことがあります。
確かにそれはお金も時間もかかってしまうので大変だなと思いました。
逆に私はありふれた名字なので、ラックに自分の名字がない事はありませんが、売り切れていることはとても多いです。

結果、必要な時に手に入らなかった経験もあるので珍しい名字も、ありふれた名字もどっちもどっちだなと思いました。
インターネットで購入すると売り切れていることはほぼないので、どの印鑑の購入も最近は店舗よりネットで購入するようになりました。

印鑑は失くしたり、壊したりしない限り新しく購入することはめったにありませんが、仕事で使う印鑑は1年に1回は購入していると思います。
毎日持ち歩き、1日に何度も使っていると、やはり壊れてしまうのが早いような気がします。

それに比べると、実印や銀行印は持ち歩くこともないですし、使うこともあまりないので、購入してから1度も買い替えたことはありません。
職場の同僚はみんな可愛いキラキラの印鑑を使っていますが、私はその手の印鑑は使いづらくて苦手なので、これぞ印鑑というような黒の印鑑を使っています。

以前はデザイン重視で購入していたのですが、プラスチック製の印鑑はどうも使いづらくて私には合わないようです。
可愛いなと思う印鑑はプラスチック製が多いのでとても残念です。
最近は見たら欲しくなってしまうような可愛い印鑑は沢山販売されています。
しかし、地味で全く可愛くもなんともない普通の印鑑が実は1番使いやすいのではないか?と内心思っています。

~ 便利サイト情報 ~

<低コストを実現した>チラシ印刷

安さの秘密はチラシのためのデザインセンターと流通工程を効率化!
比べてわかる安さは20,000部以上の大ロットになるとさらに実感できます。

ネットで印刷をお考えなら激安日本一のチラシ印刷総合サイト 印刷通販!

ページの先頭へ